短刀選集

第14回 成家

 

 
長船派の成家は長船重吉あるい守光の子、又は景秀(光忠の弟)の子孫と伝える。
成家は南北朝後期の小反りの代表挌であるが、年紀が文和から康安といった比較的年代の上がるものが存在することや作風や銘から兼光との関係も以前から考えられていて、兼光一門ではないかとの考えもある。
刀剣の世界では比較的有名な刀工ではあるが在銘の物は少ないようで、さらに言えば重要刀剣に指定の在銘の品も少なく裏年紀も有するとなればかなり数が限られる。おそらく平身の小脇指(寸延び短刀)の重要刀剣は本作が唯一のようである。
 
 
 
 
 

 
 

本作、成家の脇指について

 

本作は寸が延びて重ねが薄く、やや反りのついた南北朝期の典型的な体配で広めの身幅に棒樋と品の良い連樋を掻き流す。康安年紀のある在銘作で資料的にも貴重である。地鉄は力強く野趣溢れ、やや肌立ちながら大きな杢を交え乱れ映り立つ。刃文は小互の目を連れて足がよく入り、葉を交えて匂い深く潤みごごろの部位もあり,刃中は変化に富んで裏の帽子は乱れこんで先が尖り短く返り兼光一門の類似した作風が見える。研磨後に重要刀剣に指定の一口です。
 
 
 
 

 

短刀選集に掲載可能な短刀を募集しています。出来れば研ぎも含めてお願いします。


過去の短刀