研磨工程

下地工程

研磨工程は大きく分けて下地、仕上げに分ける事ができます。
簡単ではございますが、錆身の短刀を用いて説明させて頂きます。

一般的な錆身の短刀の状態です。

 
金剛砥石、備水砥、改正砥などの荒目の砥石の写真は省いておりますが、
御刀の状態をまず把握してから数種の荒砥のから選択します。
地刃のムラを地肌の状態をみて慎重に取り、研ぎ進めていきます。
出来る限り細かい目の砥石で錆を取るようにしています。

中名倉砥は平行に研ぎます。

細名倉砥です。

内曇砥の工程です。


金剛砥→備水砥→改正砥→中名倉砥→細名倉砥→内曇砥(刃引き)→内曇砥(地引き)
上記の砥石の工程を踏んで下地が完了します。
出来るだけ御刀を減らさない事を第一に考えています。御刀の状況により始める工程もまったく違います。

仕上げ工程

一般の方にあまり知られていないのが、
この仕上げの工程です。
下地工程の刀を動かして研ぐのとは違い、
指先の小さな砥石の方を動かして研磨
する非常に細かい作業になります。
 
 

地艶用の砥石を薄く摺り、さらに親指の腹で細かく砕いて重ならないように砥石を効かせていきます。

   

 
 

鉄肌(酸化鉄)を油で溶いだものを和紙で越して、刀身に置きます。


 

青梅綿を小さく丸めて、拭いを差します。


仕上げ工程 2

刃取り完了の写真です。

拭いを差すことで刀身全体が黒くなり、潤いと地鉄が明瞭に見えるようになります。ただ刃文が見えづらくなるため、刃取りをして化粧を施します。

 

内曇砥を薄くして和紙で裏打ちしたものを使用します。


親指の先で擦りながら白くしていきます。


 

最後に棟を磨き棒で磨いて、棟先に化粧磨きを施し研磨終了です。
鎬造りの刀はさらに鎬地を磨き、切先のナルメ作業を行います。
かなり簡略しての説明になりますが以上が大まかな工程になります。
左記の写真が完成です。
 


差し込み研ぎ

刀の研ぎは大別すると、差し込み研ぎと現在において一般的になっている化粧研ぎに分けられます。化粧研ぎ(拭い後に刃取りをする)との呼称が合っているかは分かりません。
拭いを差してから後で、刃を取り白くする方法は刀の研磨の歴史からするとかなり最近と言えるかも知れません。差し込み研ぎは独特の奥ゆかしさがあり、御刀によっては差し込み研ぎの方が合うことも、手入れして年数が経つにつれ味わい深く良くなることもあります。ただ、差し込み研ぎは御刀を選びます。まず地刃とも健全であること、刃文が緩んでいたり匂口が判然としないような御刀は向きません。

現在、主流の研ぎ方で拭い後に刃を拾う(白くする)研ぎです。


 

先に刃を拾う差し込み研ぎです。細かな刃文の形が良く見えます。(上下の刀は違う刀です。共に大阪新刀)